30分無料相談を電話で予約

相続の30分無料相談予約 0120-60-60-38 info@ukai-law.com
弁護士による特別受益110番
マスコミ出演・活動情報
慰謝料・財産分与・特別受益でお悩みの方相談はこちら
ウカイ&パートナーズ法律事務所公式HP
初回法律相談30分無料
リーズナブルな相続アドバイスコース(低価格プランあり)
鵜飼弁護士の「10分でわかる法律相談所」
相続弁護士110番メニュー

弁護士費用110番弁護士費用110番

遺産相続110番遺産相続110番

遺言110番遺言110番

遺産分割110番遺産分割110番

借金相続110番借金相続110番

相続放棄110番相続放棄110番

相続人排除110番相続人排除110番

遺留分請求110番遺留分請求110番

特別受益110番特別受益110番

寄与分110番寄与分110番

事業承継110番事業承継110番

後見110番後見110番

相続税110番相続税110番

公正証書110番公正証書110番


トップページ
アクセス
弁護士紹介
事務所イメージ
弁護士に頼むメリット
プライバシーポリシー
サイトマップ&リンク集
お問い合わせ
よくある質問と回答
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町2-6
フルキャストビル5F・6F・7F
TEL :0120-60-60-38
ウカイ&パートーズ法律事務所
代表弁護士 鵜飼 大
ウカイ&パートナーズ法律事務所渋谷駅徒歩2分
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町2-6
フルキャストビル5F・6F・7F

弁護士による特別受益110番

特別受益のプロが答えるQ&A~目次

第1「特別受益者の相続分」


第1「特別受益者の相続分」

特別受益 特別受益者とは?

○ 共同相続人の中で、被相続人(故人)から遺贈や生前贈与を受けた者を特別受益者と言います。その特別受益、すなわち、遺贈や生前贈与を受けた分は、相続財産に加算され、特別受益者の相続分から控除した上で各相続人の相続分を決めることになります。

○ 民法では、「共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三条の規定により算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもってその者の相続分とする。」(民法903条1項)と定められております。

問い合わせ
目次トップへ
特別受益 具体的にどのような利益を受けると特別受益にあたるの?

○ 特別受益として認められる場合には、①遺贈を受けた場合と②生前贈与を受けた場合があります。

○ 具体的には、婚姻のために支出した費用
(ex. 持参金や支度金、家財道具、結婚式費用等)、日々の生活費、学費(義務教育は除く)、留学費用、海外旅行費用、不動産の贈与、動産(車・貴金属等の贈与)、金銭の贈与、有価証券等の贈与

問い合わせ
目次トップへ
特別受益 生前贈与を受けた特別受益者がいる。相続分はどのように計算するの?

○ 共同相続人中に特別受益者が存在する場合には、以下の方法で相続分を算定します。

  • 相続財産+生前贈与=みなし相続財産
  • 特別受益者の相続額
     →みなし相続財産×法定相続分-生前贈与
  • 特別受益者以外の相続人の相続額
     →みなし相続財産×法定相続分

○ なお、遺贈の場合には、遺贈分が相続財産に含まれているので、相続財産に遺贈分を加算する必要はありません。

問い合わせ
目次トップへ
特別受益 特別受益者がいる場合、各相続人の相続分は具体的にどうなるの?

○ 例えば、夫が死亡して、相続人に妻と子が三人います。遺産は、1,200万円で、夫は生前、長男(特別受益者)に600万円を贈与していた場合、相続財産は以下のように分割することになります。

  • まず、生前贈与の持戻しをします。
    1,200+600=1,800万円(みなし相続財産)

  • 妻と、長男以外の子供については、このみなし相続財産に各人の相続分をかけます。
    妻:1,800×2分の1=900万円
    次男、三男:1,800×2分の1×3分の1=300万円


  • 長男(特別受益者)については、生前贈与の金額を差し引きます。
    長男(特別受益者):
    1,800×2分の1×3分の1-600=-300万円

    ここで、長男の相続分はマイナスとなりますが、実際の相続分は0となります。

  • 次に、2、3で算出された額から、長男の相続分を0と評価した計算上の遺産総額(900+300+300)である1,500万円で割って、各人の具体的相続分率を割り出します。
    妻:1,500分の900=5分の3
    次男、三男:1,500分の300=5分の1
    長男(特別受益者):0


  • これを実際に残っている分配可能な遺産総額にかけて、最終的に相続される金額を導きます。
    妻:1,200×5分の3=720万円
    次男、三男:1,200×5分の1=240万
    長男(特別受益者):0
     ただし、生前贈与はそのままです。
問い合わせ
目次トップへ
特別受益 生命保険で相続人の一人が受取人になっている。特別受益にならないの?

原則、なりません。

○ 原則として、特定の相続人が受取人となり生命保険金を受け取ることができたとしても、その生命保険金は特別受益にあたりません(最高平成16.10.29)。

○ もっとも、「保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生ずる不公平が民法903条の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情が存する場合には,同条の類推適用により,当該死亡保険金請求権は特別受益に準じて持戻しの対象となる」と例外を認めております(最高平成16.10.29)。

問い合わせ
目次トップへ
特別受益 保険金が特別受益に準ずる「特段の事情」とは、どんな場合?

○「特段の事情」があるかは、「保険金の額,この額の遺産の総額に対する比率のほか,同居の有無,被相続人の介護等に対する貢献の度合いなどの保険金受取人である相続人及び他の共同相続人と被相続人との関係,各相続人の生活実態等の諸般の事情を総合考慮して判断すべき」とされています(最高裁平成16.10.29)。

問い合わせ
目次トップへ
特別受益 代襲者に対する生前贈与があった。この場合、特別受益にあたるの?

○ 特別受益は、生前贈与がなされた時点で推定相続人である必要があるので、以下の場合分けにより結論が異なります。

(1)代襲原因発生前に贈与等がなされた場合
→代襲者に対する生前贈与が、代襲原因発生前(つまり、推定相続人が死亡して代襲することが明らかになる前)になされても、その贈与等を受けた代襲者は、その時点では推定相続人ではありませんでした。この場合、その生前贈与は、特別受益にはあたりません。

(2)代襲原因発生後に贈与等がなされた場合
→代襲者に対する生前贈与が、代襲原因発生後(つまり、推定相続人が死亡して代襲することが明らかになった後)になされた場合、その贈与等を受けた代襲者は、その贈与等を受けた時点で、推定相続人であったと言えます。この場合、生前贈与は特別受益にあたります。

問い合わせ
目次トップへ
特別受益 相続人の奥さんに生前贈与があった。この場合、特別受益にあたるの?

原則、あたりません。

○ 相続人に直接生前贈与をしたのではなく、相続人の配偶者その他の親族に対して生前贈与をしても、特別受益にはあたりません。

○ 特別受益は、相続人に対する贈与に限られるからです。

○ もっとも、単なる名義貸しとして利用された場合には、実質的には相続人に対する生前贈与として特別受益とみなされる余地はあるでしょう。

問い合わせ
目次トップへ
特別受益 特別受益の持戻しをしないようにと被相続人が強く望んでいた場合は?

○ 被相続人(故人)が持戻免除の意思表示をしていた場合、持戻しはなされないことになります。

問い合わせ
目次トップへ

○特別受益問題でお困りの方へ

~遺産相続の際に特別受益が認められるためには、事案に応じた法律的な判断が求まれることが多く、特別受益が遺産分割協議の際に問題になった場合には、法律的な主張をしっかりする必要があるでしょう。特別受益でお悩みの場合には、専門知識をもった遺産相続の専門家たる弁護士に依頼する方が望ましいでしょう。

 

東京・渋谷駅徒歩2分にある弁護士9名が所属するウカイ&パートナーズ法律事務所では、特別受益があるケースでの遺産相続問題のご依頼も承っております。遺産相続に関するご依頼受けた場合には、本件相続に関する法律的なアドバイスができ、また、遺産分割協議の最終的な解決を図るまでお付き合い致します。

 

ご要望の方は、フリーダイヤルもしくはメールにて弁護士との法律相談をご予約ください。

 

0120-60-60-38

info@ukai-law.com


相続弁護士110番 お問い合わせ お問い合わせ ウカイ&パートナーズ法律事務所公式HP お問い合わせ
遺産相続弁護士110番トップ
アクセス
弁護士紹介
事務所イメージ
弁護士に頼むメリット
サイトマップ&リンク集
お問い合わせ
よくある質問と回答
マスコミ出演
弁護士費用110番
遺産相続110番
遺言110番
遺産分割110番
借金相続110番
相続放棄110番
相続排除110番
遺留分110番
特別受益110番
寄与分110番
事業承継110番
後見110番
相続税110番
公正証書110番
ウカイ&パートナーズ法律事務所公式HP ウカイ&パートナーズ法律事務所公式HP
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町2-6 フルキャストビル5F・6F・7F
TEL : 03(3463)5551  FAX : 03(3463)5552

相続弁護士
Copyright(C)2011 Ukai & Partners Law Office. All rights reserved.