30分無料相談を電話で予約

相続の30分無料相談予約 0120-60-60-38 info@ukai-law.com
弁護士による相続放棄110番
ウカイ&パートナーズ法律事務所公式HP
リーズナブルな相続アドバイスコース(低価格プランあり)
相続弁護士110番メニュー

弁護士費用110番弁護士費用110番

遺産相続110番遺産相続110番

遺言110番遺言110番

遺産分割110番遺産分割110番

借金相続110番借金相続110番

相続放棄110番相続放棄110番

相続人排除110番相続人排除110番

遺留分請求110番遺留分請求110番

特別受益110番特別受益110番

寄与分110番寄与分110番

事業承継110番事業承継110番

後見110番後見110番

相続税110番相続税110番

公正証書110番公正証書110番


トップページ
アクセス
弁護士紹介
事務所イメージ
弁護士に頼むメリット
プライバシーポリシー
サイトマップ&リンク集
お問い合わせ
よくある質問と回答
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町2-6
フルキャストビル5F・6F・7F
TEL :0120-60-60-38
ウカイ&パートーズ法律事務所
代表弁護士 鵜飼 大
ウカイ&パートナーズ法律事務所渋谷駅徒歩2分
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町2-6
フルキャストビル5F・6F・7F

弁護士による相続人排除110番

相続人排除のプロが答えるQ&A

第1「遺言書による相続」

第2「相続人の廃除」

第3 「相続欠格」


第1「遺言書による相続」

相続人排除 一部の相続人に相続をさせたくない。どうすればいいの?

推定相続人に相続させない方法としては、以下の4つの方法があります。

(1) 遺言

(2) 生前贈与

(3) 推定相続人の廃除

(4) 相続欠格

問い合わせ
目次トップへ
相続人排除 遺言で一部の相続人に相続をさせないには、どうすればいいの?

○ 遺言で、特定の者に相続させる旨の記載をすることで、除外することが可能です。

問い合わせ
目次トップへ
相続人排除 遺言で「相続させない」と記載すれば、完全に相続させないことができるの?

いいえ、遺留分があります。

○ 相続人は、遺留分を遺言により「相続させない」と記載されたとしても、遺留分の範囲で相続権を主張することが可能です。

詳しくは、 遺留分請求110番へ

問い合わせ
目次トップへ

第2「相続人の廃除」

相続人排除 一部の相続人に完全に相続をさせたくない。どうすればいいの?

相続人の廃除という手続きがあります。

問い合わせ
目次トップへ
相続人排除 相続人の排除とは?

○ 遺留分を有する推定相続人(相続が開始した場合に相続人となるべき者)が、被相続人(故人)に対して虐待をし、若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったときに、被相続人(故人)が、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができる制度です。

問い合わせ
目次トップへ
相続人排除 推定相続人の排除は、理由もなくできるの?

いいえ、理由が必要です。

○「推定相続人の廃除」は、法律上3つの事由がある場合に限定されます(民法892条)。

  • 推定相続人が被相続人(故人)に対して虐待をしたとき
  • 推定相続人が被相続人(故人)に対して重大な侮辱を加えたとき
  • 推定相続人が被相続人(故人)に対してその他の著しい非行があったとき
問い合わせ
目次トップへ
相続人排除 推定相続人の排除の手続きは、どうすればいいの?

二つあります。

  • 被相続人(故人)が生前に家庭裁判所に排除の請求をする方法
  • 遺言で排除の意思表示をする方法
問い合わせ
目次トップへ
相続人排除 推定相続人の排除を請求すれば、必ず相続させないことができるの?

いいえ、必ずではありません。

○ 排除の請求に対して、家庭裁判所が審査します。


問い合わせ
目次トップへ
<相続人排除相手への慰謝料請求>
相続人排除 推定相続人の排除が認められた例としてどのようなものがあるの?

推定相続人の排除が認められた事例として、次のものがあります。

○ 被相続人の養子である推定相続人が、被相続人が10年近く入院及び手術を繰り返していることを知りながら、居住先の外国から年1回程度帰国して生活費等として被相続人から金員を受領するだけで、被相続人の面倒をみることはなかったこと、被相続人から提起された離縁訴訟等について、連日電話で長時間にわたり取り下げを執拗に迫ったこと、同訴訟をいたずらに遅延させたことなどの事情の下において、推定相続人に民法892条にいう「著しい非行」があったものとして、推定相続人の廃除を認めました(東京高裁平成23年5月9日)。

○ 被相続人(母)の遺言執行者が遺言による相手方(長男)の推定相続人からの廃除を申し立てた事案において、被相続人が70歳を超えた高齢であり、介護が必要な状態であったにもかかわらず、被相続人の介護を妻に任せたまま出奔した上、父から相続した田畑を被相続人や親族らに知らせないまま売却し、妻との離婚後、被相続人や子らに自らの所在を明らかにせず、扶養料も全く支払わなかったものであるから、これら相手方の行為は、悪意の遺棄に該当するとともに相続的共同関係を破壊するに足りる「著しい非行」に該当するとして、推定相続人の廃除を認めました(福島家裁平成19年10月31日)。

問い合わせ
目次トップへ
相続人排除 推定相続人の排除が認められなかった例としてどのようなものがあるの?

推定相続人の排除が認められなかった事例として、次のものがあります。

○ 父と同居する長男(推定相続人)の嫁が病床の義母の看病をせず、父に対して口答えをする等したため、父は長男夫婦と不和となり、もみ合いの喧嘩により傷害を負う等した事案において、父が嫁に対して執拗な非難や謝罪の要求をしたこと、また父が長男夫婦を不孝者などと家中に落書したり、物を投げつけるのを止められたことに起因するものである。

したがって、被相続人である父にも相当の責任があるから、その内容・程度と前後の事情を総合すれば、いまだ長男の相続権を奪うことを正当視する程度に重大なものと評価するに至らず、結局長男の行為は、廃除事由に該当するものとは認められませんでした(名古屋高裁金沢支部決定平成2年5月16日)。


問い合わせ
目次トップへ

第3「相続欠格」

相続人排除 相続欠格とは?

○ 相続欠格とは、民法の定める一定の不当・違法な行為をした者が、相続人となることができなくなる制度を言います。

○ 被相続人(故人)の意思により相続人から外れる相続排除と異なり、民法891条に該当する事由があれば法律上当然に相続の資格を失うことになります。

問い合わせ
目次トップへ
相続人排除 どのような場合が相続欠格事由にあてるの?

○ 法律で定められている相続欠格事由としては、以下のものがあります(民法891条)。

(1)殺害に関わる相続欠格事由

  • 故意に被相続人(故人)又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者
  • 被相続人(故人)の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。

ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。

 

(2)遺言に対する不正行為に関する相続欠格事由

  • 詐欺又は強迫によって、被相続人(故人)が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者
  • 詐欺又は強迫によって、被相続人(故人)に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者
  • 相続に関する被相続人(故人)の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

 

○ ウカイ&パートナーズ法律事務所では、相続人排除の手続きのお手伝いをいたします。まずは、弁護士との法律相談をご予約ください。

問い合わせ
目次トップへ

○相続人排除問題でお困りの方へ

~一部の相続人を排除するには、様々な方法がございます。相続人排除でお悩みの場合には、専門知識をもった遺産相続の専門家たる弁護士に依頼する方が望ましいでしょう。

 

東京・渋谷駅徒歩2分にある弁護士9名が所属するウカイ&パートナーズ法律事務所では、相続人排除のアドバイスのみならず、排除のための裁判所への申請代行手続きや遺言書の作成のご依頼も承っております。

 

ご要望の方は、フリーダイヤルもしくはメールにて弁護士との法律相談をご予約ください。

 

0120-60-60-38

info@ukai-law.com


相続弁護士110番 お問い合わせ お問い合わせ ウカイ&パートナーズ法律事務所公式HP お問い合わせ
遺産相続弁護士110番トップ
アクセス
弁護士紹介
事務所イメージ
弁護士に頼むメリット
サイトマップ&リンク集
お問い合わせ
よくある質問と回答
マスコミ出演
弁護士費用110番
遺産相続110番
遺言110番
遺産分割110番
借金相続110番
相続放棄110番
相続排除110番
遺留分110番
特別受益110番
寄与分110番
事業承継110番
後見110番
相続税110番
公正証書110番
ウカイ&パートナーズ法律事務所公式HP ウカイ&パートナーズ法律事務所公式HP
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町2-6 フルキャストビル5F・6F・7F
TEL : 03(3463)5551  FAX : 03(3463)5552

相続弁護士
Copyright(C)2011 Ukai & Partners Law Office. All rights reserved.